1. HOME
  2. お知らせ
  3. 緊急要望 コロナ後遺症窓口の設置

NEWS

お知らせ

活動報告

緊急要望 コロナ後遺症窓口の設置

2021年3月13日

昨日12日、公明党豊島総支部として若者の代表とともにコロナ後遺症相談窓口の設置について、高野之夫区長に緊急要望しました。
コロナ感染者の中には、息切れや異常なけんたい感、きゅう覚・味覚障がい、脱毛など、後遺症に苦しむ方が多くいます。
現在、行なっているコロナ対策アンケートでも、多くの若者から「後遺症が心配」との声をいただきました。
申し入れでは「コロナ後遺症相談窓口を設置し、医師会と連携して区民に寄り添う支援体制の構築を」と要望。
私は「若者はコロナに感染しても無症状や軽症で医療機関にかからないため、相談先が分からない」と指摘し、対策強化を訴えました。
高野区長からは「豊島区としていち早く設置できるよう取り組みたい」とのご返事をいただきました。
引き続き、支援体制の充実を進めてまいります。